2007年09月06日

レディー・ヴィクトリアン

レディー・ヴィクトリアン 20 (20)
レディー・ヴィクトリアン 20 (20)
もと なおこ

関連商品
レディー・ヴィクトリアン 19 (19)
レディー・ヴィクトリアン 18 (18)
レディー・ヴィクトリアン 17 (17)
Dearホームズ 2 (2)

本日読了ー!!1日一冊のペースで早半月。
さいっこうに楽しかったですv
展開が速くてわくわく、引きにどっぷり浸かれて、
キャラクターの行動理念がいちいち素敵、
ここがこうだったらよかったのにっていう希望が全部叶ってて、
読んでて幸福な漫画でした。
最近の少女漫画は〜…なんてつぶやいてしまう方にも
世界名作好きな方にもおすすめの
クラシカルな少女漫画の良い部分が、
現在の漫画として味わえました。
中だるみとか一切なかったし。
もとなおこ先生はキャラクターの使い方が上手すぎる…!

いままで読まなくてバカだったけど、
このタイミングでじっくり味わえたのはそれはそれで幸せだなぁ。

これ以上の感想はというと、
あとはいちいちノエルさんかっこいいとかベル最高とか
殿下ステキすぎとかアージェントかわゆいとか
キャラ萌えばかりだ……

ヴィクトリア時代が萌えってのもありましたが、
ストーリーが早くて素敵ってのもありましたが、
この漫画はキャラの扱いがいいってのがとびっきりの長所ですよ。
なんでここでコレを選んでしまうの!?とか、
なんでこんな不幸になってしまうの!?とか、
楽しいけど不満を抱えずにはいられない物語のストレスが
楽しさはそのままに、ストレスだけ上手く回避。
こうして欲しかった、ああして欲しかったを全部叶うと
ただ幸せだけが残るんですね。
そういうのがうそ臭くていやって時期もあるかもしれないけど
こういう物語に浸りたい時もあるね。
posted by メロディ戦士 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

舞姫(テレプシコーラ) 10

484011661X舞姫(テレプシコーラ) 10 (10)
山岸 凉子
メディアファクトリー 2007-01-23

by G-Tools

第一部…完!
おいらが今待っている中で、一番緊張感の強い、漫画です。
逃げさせてー!!
最後の1Pまでのすごい緊張感。
すごすぎるよ山岸先生。

 山岸作品にケータイとか掲示板とか出てきちゃうのは、
ガラ仮面のケータイよりショッキングでしたが、
リアリティないのでOK。
ネット&ケータイ文化にまでリアリティあったら
どこにも休まるところがないよ。

ああ、読み返したいけど一仕事だぞこりゃ。
たぶん後日なにか感想を書き足したいかも。

あのショッキング展開にはショッキング!でしたが、
涙出たのは六花ちゃんの、夢のシーン。
この優美さ。霊妙さ。← 行ったり来たり →人間の業、不安
強いけれど細い。
こういうものがあるから漫画に夢を見てしまう。
posted by メロディ戦士 at 22:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

Daddy Long Legs

4088653378Daddy Long Legs
勝田 文
集英社 2006-04-19

by G-Tools


あああ〜、し、幸せ!あたし幸せ!!
勝田先生の新刊素敵過ぎ!!!!!!
表題作はあしながおじさんですよ!!
しかも勝田先生のレトロで美しい絵で、昭和初期が舞台。
表紙もめちゃんこかわいー!!小物とか着物の柄とか。

えー、なんだかすごく長い間読んでた気分なのに、たった一冊に収まってるのこれ?
興奮しすぎです。

・Daddy Long Legs
あしながおじさんが原作で、大正の香り残る昭和初期が舞台。
レトロ調が美しい勝田先生の絵柄にぴったんこで、美しくて美しくて。
そして話もまた、勝田先生にぴったりだねぇ。
絵の美しさのわりに、勝田先生は表情がコミカルで読み口が軽いのが特徴ですが、
あしながおじさんは主人公があかるいじゃないですか。
おじさまもユーモラスな人だし。
かといえば、マジメな表情も魅力を振りまいていて、
お話に入り込んで楽しめました。ああ、たまらん。少女漫画だ。
今まで読んだ中で一番素敵だった。
原作付きということもあるかもしれないけど、
お話が勝田先生の作風に合ってたからこそですよ。
他の方の感想読んで気付いたけど、
おじさまが主人公てのも素敵で面白かったです。ハラハラ。
原作もそうだけど、なんかたくさん本読みたくなりました。


・シンガポールの月
ロマンチックなお話でした。最後が素敵…!
かなり変わったプロットで、お話が面白かったです。

・パーラー
いつもの勝田文の味わいで、かわいい〜。
ぼんやりした女と、ダメダサめ優しい男の優しい空気の話。

・天馬
レディース向けぽいけど、カワイイ話しだなぁ。
あんまりこういうライン読んでないんだけど、鴨居先生ぽい感じで。



すばらしかったです。
でも勝田先生掲載誌なくなってしまって、
前のコミックスもそんなにでなかったらしい?
心配です。一生読み続けたい漫画家さんの一人なのに。
 えーと、榛野なな恵とか鴨居まさねとか
あと大正レトロな感じとか
ほのぼの系でコミカルな少女漫画とか
そういうの好きな人はぜひどうぞ!
絵重視の人にもおすすめ!すごく絵がきれいだから!!
お話重視の人も楽しめます!!コンビニにも売ってたよ!!(なぜか必死)
posted by メロディ戦士 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

Cipher

4592882679Cipher (第7巻)
成田 美名子
白泉社 1997-09

by G-Tools

 文庫で全7巻読了!
いや〜、面白くて読みふけりました。
アレクサンドライトも続けて読み返したい気分。
画力も、本作の初期の頃からすでにすげーうまかったんですねぇ。

 そして読み口はやはり、アレクサンドライトと同じく腹八分な感じ。
この清潔でデリケートで湿度のないネガティブな雰囲気は
おいらにはしっくりきません。あんまりときめかないし。
そのぶん好きな人にはたまらんだろうなとも想像できます。
 しっくりこないなぁ、もやもやするなぁと思いつつも
最後まで読ませる構成力というか、漫画力がすげえ!
少女漫画初めて読むという人にも安心しておすすめできるレベルの高さが良いですね。

 パートナーの次に読んだので、その作中のある場面から、
サイファの登場人物は他人に与える愛がけちだな、と思ったよ。
posted by メロディ戦士 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

パートナー

4091913083パートナー (8)
名香 智子
小学館 2000-04

by G-Tools

文庫で8巻まで

はぁ〜、す、すごかった。社交ダンスの話なんですが、
徹底的にゴージャス!話も絵も、貧乏くささが微塵もないのがサイコー!
誰と誰がくっつくのかを読むのがあほらしくなるほど展開がはげしー!
NANAの方がまだ安定してるよw
たんのしかったです。
読み終えるまで寝れなかったし、寝たら夢に出た。
文庫の解説は5巻が一番面白かったです。

シャルトルシリーズと美女姫は読んでいたのですが、
シャルトルは基本的に短編オムニバスだし、
美女姫も時間と舞台飛び飛びだったので、
ここまでどっぷりな話は初めてでしたが、ほんとすげー。
 おいらはわりと内向的な漫画が好きなのですが、
これは超外向的な漫画ですよね。
美男美女をとっかえひっかえの上流生活、
恋に生きるけど、夢にも生きる。
自分を突き詰めるというよりは、コミュニケーションから厚みを作っていて、
どのキャラも自分との戦いには勝っていて当たり前、自分というものがよく分かっているというところがスタートライン。
しかも攻めの姿勢なので、展開が速い。
ひいきのカップルが別れても、皆めちゃくちゃ強いのに可愛いところや弱いところもあって、
チャーミングで憎めない。
まさしく軽やかな優雅さ。
きらびやかなパレードを見たような気分でした。
posted by メロディ戦士 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

シュガシュガルーン

4063348598シュガシュガルーン 1 (1)
安野 モヨコ
講談社 2004-03-26

by G-Tools


〜四巻まで。監督不行届とともに、安野先生初読み!!
思ってた通りにお洒落で可愛い。あとテンションが高い。
そして思ったより怖い部分がなくて面白かったです。
シュガシュガルーンは、ハートを稼ぐ設定の理論がちょっと切なくていいね。
恋を多売(多買?)して楽しむってのは、古式ゆかしい少女漫画育ちのおいらには
発想の転換ていうか。新しい楽しさ。ちゃんと芯のあるところもいい。
キャラが皆可愛いです。
ピエールは、気合入ってない時の顔がルサンチマンのラインハルトにそっくりで、
見てると別の意味で切ない気持ちに。

安野先生いいねーいいねー。サクランとか働きマンも読みたいなぁ。
posted by メロディ戦士 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

Under the Rose、女の子の食卓

こちらのサイトで紹介されていた漫画が面白そうだったので読んでみた。

4344803167Under the Rose (1) 冬の物語 バースコミックスデラックス
船戸 明里

幻冬舎 2003-10-24
売り上げランキング : 14,299

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こえー!
あらすじが、貴族がどうの、ヴィクトリアン朝がどうの、家庭教師がどうのってでてたから、
ちょっとはらはらめのサウンドオブミュージックみたいな話しかと思ったら、
全然ちげー!こえー!!
船戸さんの漫画ってそういえば、『若草一家で行こう』を持ってっけど、
あれもコメディの中でどことなく怖いんだよな。
どっちかというと絵の人というか、絵が上手いんだけど
話も(というか演出が)上手いですね。いいですね。
続きはいつか読みますが、怖いので来月辺りに…。


4088566483女の子の食卓 1 (1)
志村 志保子

集英社 2005-10-14
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 マカロンとライ麦パンがすげー食いたくなり、
ちょうど両方が売っているケーキ屋があるので危うく買いに行きそうに。
本能に訴えかけてくるね。
淡々としてるけど、生きる上での小さな、だけど不可欠な歓びですねぇ。
女の子のキャラクターが、隅々まで行き届いていて、
読み心地が良かったです。
ご馳走様でした。
posted by メロディ戦士 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

はじめちゃんが一番!

4091914217はじめちゃんが一番! (1)
渡辺 多恵子

小学館 2001-10
売り上げランキング : 100,875

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


全15巻。読了。風邪のお供に読んでました。
 ぎにゃぁあああ!怖いよー!主人公が。
話はとっても面白くて、げんきがよくてぐいぐい引き込まれるんですよ。
絵もとっても丁寧で、今でもあまり古さを感じさせないし。
 でもね。でもね。はじめちゃんがスゲー苦手なタイプの女の子で、
これっぽっちも感情移入できなくて、少女漫画として読むのが辛かったです…。
一番まともな人は、亮さんだと思うのだけど、なんでこれっくらいの行動で
世界で一人しかいない変人とか言われなくちゃならんの?なんか酷くね?
はじめちゃんはすげー殴るし、自己中だし、言われるほどには責任感ないし。
A型に虐められるB型という図式の、典型のような人間関係。
傷つくっちゅうねん。何も感じないわけないやろがああああ!
 この、両方の極を描ける渡辺先生がすごいですね。
風邪が吹っ飛んだ気がします。
posted by メロディ戦士 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

夏目友人帳

4592171586夏目友人帳 1 (1)
緑川 ゆき

白泉社 2005-10-05
売り上げランキング : 25,214

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ぎゃー!!
緑川さんて、蛍火の杜以外はちょっとニガテっだったんだけど、
これはいい!この人はこういうのの方が良い!
妖怪が見える男の子の話なんですが、
幽霊モノとはちょっと雰囲気が違っていて、
百鬼夜行抄とか夢路行の妖怪系とかに
緑川スパイスがたっぷり効いた感じで。
 全部の話で必ず泣きました…。するする涙出るよ。
着実に成長しようとする緑川先生の控えめな姿勢とかね、
そういうのも好感高いよね。
少女漫画はムリに恋愛描かなくても良いと思ったけど、
いろんなことに挑戦した末に表現力は身についてゆくのでしょう。
続き楽しみです♪
posted by メロディ戦士 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

ハチミツとクローバー 8

4088652975ハチミツとクローバー 8 (8)
羽海野 チカ

集英社 2005-08-19
売り上げランキング : 37

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 一角獣燃え!!!ホントメガネが多い漫画だな。
でもおいらの好みのメガネはいないんだな。あ、美和子さんは好みだ。
まあいいよ。どのメガネも許してやるよ…!←なにを?
竹本くんは、なにがあったわけでもないが、
どんどん不幸オーラを蓄積していっている気が。
あまり物事を悟らないでね…。しつこく幸せを求めるんだよ…!(涙
次巻は森田の話になりそうな伏線。
はぁ……。
posted by メロディ戦士 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

シューメイカー

4883791890シューメイカー
鳩山 郁子

青林工藝舎 2005-07
売り上げランキング : 1,516

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


うわあああ!今日届いたー!
わたくしへの宛名いりのサイン本がーーー!!!
感動です。鳩山先生がおいらの名前を書いてくれたというだけで
もったいなくて感動!あとでこのエントリに感想書きますが、とりあえず。


続きを読む
posted by メロディ戦士 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

少年少女ロマンス

406341311X少年少女ロマンス
ジョージ朝倉

講談社 2002-10-11
売り上げランキング : 92,867

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昨日読み返しました。
うわ〜〜!!ジョージ朝倉はすごいなぁ。やっぱイイ!
 夢見がちな蘭ちゃんという、少女漫画ではオーソドックスというか
古典的な天然キャラに対して、右京という王子様をぶつけてくるのがすごい。
 蘭ちゃんはキャラとして完成されてるので、
どうしても視点が未熟な右京に移ってしまうんだけど、
右京に感情移入して読むと痛々しくて、
読み返したときの一巻の二話の緊張感がたまらんです!!
この超越っぷりが、漫画というか芸術というか。
熱くていい。

 いい漫画を描くには、いろんなものを捨てなくちゃいけないんだなぁと
読み終わったときにふと思った。

4063413365少年少女ロマンス 2 (2)
ジョージ朝倉

by G-Tools


4063413721少年少女ロマンス 3 (3)
ジョージ朝倉

by G-Tools
posted by メロディ戦士 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

フレッドウォード氏のアヒル

404924280Xフレッドウォード氏のアヒル 1 (1)
牛島 慶子

角川書店 1992-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 本日全巻読了。ちょっと少女漫画の魂を呼び起こしたくて、
友人にお借りしたのを読みました。
 そうそう、少女漫画はいきなり自分の心の中にある、
美しい心象空間に入ったりするんだよ!
おいらに足りないのはこれ!まさしくこれ!!この詩心!!
それに細くて色目の鮮やかなのが美形。筋肉のおっさんじゃないよ!
いやぁ、少女漫画しました。
 アヒルさんの家政婦さんが出てくるんですが、お料理が美味しそうで、
読んでるとお腹が減りました。
 そうそう、90年代の少女漫画はこういう要素を入れるのが流行ったよなぁと
いうようなキーワードがたくさん出てきて、
風刺が効いていると思う反面、ちょっとあざといかな。
と思う頃にアヒルさんが中和にやってきて、
確かにアヒルが題名につく話だわ、と納得。
美形キャラが、男性より女性の方が多いのもいいですね(美人好き)
posted by メロディ戦士 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

花の名前

459218825X花の名前
斉藤 けん

白泉社 2005-06-04
売り上げランキング : 2,861

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


LaLaに載っていた読みきりがよかったので、買ってみました。
うぇへへへ、またいい新人さんがでてきましたね。
まず、良いメガネが出てきます。(それが最初かよ)
設定と、冒頭のほのぼのしたテンションもいいですしね。
また流行の居候モノなんですが、その設定をちゃんと
生かせてるお話だったし。
 蝶子ちゃんはかわいいのですが、
京さんのキャラはなんか照れる〜。
posted by メロディ戦士 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

ラブ★コン

4088474872ラブ★コン (1)
中原 アヤ

集英社 2002-03-25
売り上げランキング : 25,073

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


9巻まで読みました。このあと10巻読む予定。
 マーガレット系の少女漫画は機会がなくてあんまり読まないのですが、
たまたま読んだらとっても面白かったです。
コメディタッチで、胸キュンで、あんまり酷いことも起こらなくて。
でもいまどき、身長差が恋愛の障害になるか?
主人公の環境が記号化されすぎていて、突っ込みどころがいろいろあって
ぬるいっちゃぬるいのかもしれませんが、読み口の良い漫画でした。
作者が漫画を描くということにこなれてて、それを楽しんでて、
おいら的には『鋼の錬金術師』と同じニオイのする作家だなぁと思いました。
作品の雰囲気が似てるって訳ではないんですけどね。
それと、登場人物の服がおしゃれでね……。それを色々チェックするのも楽しい。
マイティ先生が、大人でかっこよくで好きなんですが、
まさか大阪の人って、東京の人をあんなだと思ってないですよねw
posted by メロディ戦士 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

プラネット・ラダー

プラネット・ラダー 1 (1)
なるしま ゆり

集英社 1998-12
売り上げランキング : 243,712

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 7巻発売当初は終り方が意味わからなくて放置してたんですが、
最近落ち着いて全巻読み直してみました。
……よかったよぉお!面白かった!
ゲンマってなんだっけとか、オーガニックゴールドって
なんか特別なんだっけとか言ってたら、そりゃ7巻わかりませんよ。
6巻の盛り上がりがサイコーによかったです。
中学生のとき読んでたら、そうとう影響されただろうなぁと思います。
 なるしまさんの漫画は、キャラが一生懸命考えるところが面白いですね。
設定もお話もオタクっぽさ芬々としてますが、
キャラクターだけは常に人の体温を感じさせようという熱さがあります。
だから妙にリアルというか、突飛な設定でも人間味を感じます。
 そういう意味でプラネット・ラダーと少年魔法士が気に入っています。
プラネット・ラダーのキャラは特に好みのキャラが多いや。
500年間誰にも(母にすら)体を触れさせたことのないセーウさん初め、
陽気な覇王のクラさんとか、ぱっと見クールビューティーのバンビちゃんとか、
そんな中で普通で一生懸命な主人公とか、
キャラ付けと組み合わせが美味い〜〜。
posted by メロディ戦士 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

ハチミツとクローバー 7巻

ハチミツとクローバー 7 (7)
羽海野 チカ

集英社 2005-03-18
売り上げランキング : 246

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


た、竹本君……!!!!
最近の巻は泥沼展開だったので、
もう続き買うの止めようかなと思ってたんですが、
竹本君がいる限り止められないよ!
彼の青春にはぁはぁしているおじさんたちに
一番共感してたりしてw
7巻は山田&森田ペアのテンションも高くって、
初期の頃を思い出します。
“なんとなくがっかり”しない、良い新刊でした。
次の巻は、竹本君の青春はあまりひっぱらずに
超展開しないかなぁ。

あと、あれね。おいらもローマイヤ先輩に包まれたい……
posted by メロディ戦士 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

アレクサンドライト

Alexandrite (第1巻)
成田 美名子

白泉社 2000-06
売り上げランキング : 236,822

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 先日一気読みしました。
相変わらずすげー絵の上手さだ!
一番面白かったのはハロウィンパーティの辺りかな。
ファッションの、流行が過ぎてもダサいと感じさせないこだわりに感動した。
ただ流行ってるから、で押さえとくだけのファッションは、
流行ってるあいだしか許されないんですよね。
流行が廃れて後の世代になると、それがダサくて作品自体を読めなくなる。
でもホントに良いものは流行に惑わされないな、と思わせます。
取材力も絵の上手さも伏線が多く、それ全てを回収する構成力があって、
一気に読ませる完成度の高い作品でした。
 読んでるときは楽しかったけど、
読み終わったらうーんいまいち、という感じ。
腹八分。あと一味たりない。
自分の中のその原因を分析したので、
否定的な文章が多いかもしれないですけど、
はっきしいえば花とゆめのコミックスのなかでも
歴代上位に入る少女漫画家だと思います。
 成田先生の漫画は小学生のときから一度読んでみたいけど、
中々機会のなかった漫画なんです。
絵柄が綺麗だったので、内容の難しい漫画だと想像していました。
感情の激しい少女漫画なんじゃないかなぁと。
でも実際はすげーぬるかった!
 作品にかける取材力、作画の完成度の高さ、
複雑な物語構成がぬるいわけではありません。
むしろ万人が楽しめて、
なおかつスイッチの合う人は激しくハマる漫画だと思います。
 おいら的にぬるいと思うのは、人間関係です。
人が人と関わるときに感じる、痛みや喜びがあまりにも品良く抑えられている。
真っ直ぐ見ないで、斜めから様子を伺いつつ
相手の歩調にあわせるような、一歩引いた感じ。
大人の付き合いとして、こういう方法がスマートなのはわかるんだけど、
とにかく全員があらゆる人に同じ姿勢で対応しているように思える。
アンブローシアも鳴り物入りで登場したわりには
どんどん地味になっていってしまうし、
最後にはなぜアレックスがアンを未だに好きなのか、
わからなくなってしまいました。
 一応“自分に自信がないから己を押し付けられない”
みたいな説明がはいるんですが、
それはこの世界を綺麗な上澄みだけで作るために必要なだけで、
綺麗なんだけど、人の弱みとして心をつかまれないんですよ。
自分の殻から出て行く構造の話ですが、
巻を重ねるごとにさらに固い自分の殻に
閉じこもっていってしまう印象があります。
それはNATURALでも感じていた事で、
いい意味でも悪い意味でも優等生漫画だな、と。
もっとすごいものを作る実力はあるはず、と期待させるんだけど、
物凄い羞恥心のために心の裏側は決して見せてくれない
よくしつけられた、教養のあるお嬢様という感じの作品でした。
そういう意味で一番楽しかったのは、
アレックスと義父との話かなぁ。

『花よりも花の如く』は、
この一歩引いた感じが主人公憲人のとぼけた性格と、
能の世界という業界モノへの距離感に上手くマッチしていて、
こちらはいうことなく愉しんでいます。
最新刊も面白かったです。
花よりも花の如く 3 (3)
成田 美名子

by G-Tools

posted by メロディ戦士 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

最近集めた少女漫画

トッペンカムデンへようこそ 1 (1)
征矢 友花

by G-Tools

全7巻。
 絵も話もつたない感じなんですが、
かなりパワーのあるお話でした。
主人公が逆ハーレムで一歩間違えれば偽善者という
本投げ捨てギリギリの危ない設定なんだけど、
キャラクターに血肉がある感じがして、キライなキャラがいません。
みんなに親しみをもてます。
 お話は恋愛一辺倒ではなく、戦争とか呪いを解く冒険とかが中心。
欠点も目立つけど、それを上回る情熱のある漫画らしい漫画でした。
小・中学生の時に読んでいたら、
きっと自分の創作原点になってしまいそうな気がしました。

NATURAL (1) 花とゆめCOMICS
成田 美名子

by G-Tools

全11巻プラス続編
花よりも花の如く 2 (2)
成田 美名子

by G-Tools

二巻まで購入。

こちらは、絵も話も文句なく上手な、職人的少女漫画です。
誰でも読め、損をする事もないという感じ。
絵の上手さ、完成度の高さは吉村明美や渡辺多恵子あたりの
先生方と同等じゃないでしょうか。
青森に親近感を持つようになりました。
話も上手く、読ませるんですが、好きなキャラは誰一人いませんね。
とくにNATURALは。むしろ苦手なキャラが多かったです。
とまれ、花よりも花の如くは続きが読みたいですね。
posted by メロディ戦士 at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

ビーストテイル

坂田靖子セレクション (第2巻) ビーストテイル 潮漫画文庫
坂田 靖子

潮出版社
2000-08
売り上げランキング 184,229

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


 持ってるのは文庫じゃなくてコミックスなんですが、
それだと絵がでないので。
 坂田先生の漫画です。
この方の漫画は独特のペースとユーモアがあると思うんですが、
おいらは一番初めに読んだこの本が一番好きで、
一番印象に残っています。
 息子夫婦の子ども、つまり孫を食べようとするオーガーのお妃様や、
人間の赤ん坊が欲しい小人などの悪人がかわいくてかわいくて。
シンデレラに出てくる魔女の気風の良さや、
長靴を履いた猫のウィットに飛んだ様とか、
童話に忠実なんですが、ちょっとずつ個性的で、
何度も読んでしまう本でした。
 なかでも一番個性的なのが、
かえる王子に出てくる金の鞠を持つお姫様。
ちびでそばかすで、鞠で遊んでばかりの子なのに、
とぼけた独歩の人なのがいいんです。
posted by メロディ戦士 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。