2011年07月19日

教養としての歴史 日本の近代

教養としての歴史 日本の近代〈上〉 (新潮新書)教養としての歴史 日本の近代〈上〉 (新潮新書)
福田 和也

by G-Tools


教養としての歴史 日本の近代〈下〉 (新潮新書)教養としての歴史 日本の近代〈下〉 (新潮新書)
福田 和也

by G-Tools



本日読了!
福田先生2冊目読了でございます。
上巻はアゲ↑アゲ↑だけど、下巻はやはり辛かったねぇ。
ウェットさのない福田先生の文でも辛いから、私の読みとおせる本てそうそうないね。
でもがんばりました!
目的と解釈をちゃんと書いてあるので、すごくわかりやすいです。
箇条書きになになにが起こりました、って書いてあっても、
私には解釈できないんだから、こうして視点をもって書いてくれる人の本を
たくさん読み比べるしかないんです。
というわけで、とてもアクの強い本だと思います。
新書2冊で、開国からの90年間を総ざらい!
でも一つ一つの出来事を有機的につなげながら語りとおされてて、
日本だけの視点で終わらず、米英中ソのそれぞれの事情と目的もかたられていて
すごくわかりやすかったです。
いい本だった!
posted by メロディ戦士 at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

第二次大戦とは何だったのか

4480423532第二次大戦とは何だったのか (ちくま文庫)
福田 和也
筑摩書房 2007-07

by G-Tools



本日読了。
おもしろかったです。
第二次世界大戦について、気が滅入らずに最後まで読めた本です。
近代史はずっと避けてしまってたので、勉強しなきゃいけないテーマの上の方なのだけど、
日本の近代史の本は、近視的で細かくてどうしても否定感が先に立って読んでて辛い。挫折本が多いです。弱い…
辛くない本探し、あきらめなくてよかった!

本書は各国指導者と+アルファ書いてある普通の厚さの文庫本なのに…
内容が濃い!
知的で博覧強記、情熱的だけどウェットさのない文章。
タブーや新発想に踏み込む人物像のスポットの当て方。
従来とは別の視点で、視座も遠目に据えた本なので、
ある程度の知識が前提ですが、
そこが逆にあれも調べなきゃこれも調べなきゃという出発点になるよね。
今後ちょっと辛い本に当たったとしても、比較視点として参考になるエッセンスが非常に豊富でした。
調べなきゃならない事がたくさんあるよ。まいったね。
各人、各国の目的の大きさを、目的の射程と表現するのはすごくわかりやすい、使いやすいしかっこいいですね。
posted by メロディ戦士 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

若冲になったアメリカ人

4093877130若冲になったアメリカ人 ジョー・D・プライス物語
ジョー・プライス 山下 裕二 鈴木 理策
小学館 2007-06-14

by G-Tools

本日読了。
夕方から読み始めて、一気に読んでしまいました。
ハードカバーだけど対談形式なので、あっという間に読める。
プライスコレクション展懐かしくて、当時楽しく見に行ったなぁと思って
読んでみたんですが、
プライスさんは私がお金持ちだったらやりたかったこと、
全部やっててうらやましいわ〜。
感覚だけを信じて美術品コレクションしたり、
文化財になるような家建てたり

図版は主に白黒なので、手元にプライスコレクション展の図録置きながら見ました。
この作品解説を読んでから、展覧会に行きたかった!
作品の見方を、センスのある人に教わるって大事ですね。

琳派とかよく見るようになったのは確かにこのころからなので、
展覧会というものが美術品のブーム(とその価格)にどう関係するのかってのが面白いわぁ。
酒井抱一展、震災直後であきらめたけど、無理にでも行けばよかったのか…

posted by メロディ戦士 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人が見た日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。