2009年10月31日

キマイラの新しい城

4062758172キマイラの新しい城 (講談社文庫)
講談社 2007-08-11

by G-Tools

昨日読了。
笑いがこみ上げるwww
黒い仏同様、笑える系の素晴らしいお話!

 中世の騎士が現代に逆トリップ状態の
非常にファンタジックでコミカルな視点の描写が
本作の半分を占めますが、
そのこまごました視点の見事さ、
切り替え時の文章の巧みさにも美味しすぎて
最初っから止まらない感じというか。
トキオーンのロポンギルズという響きは素晴らしすぎますね!
どんなファンタジー!?行きたい!
グランハイアット大立ち回りとかかっこよすぎてしびれた!

 石動さんのダメダメぶりもまたいとおしく。
かの某スーパー探偵が出てきてしまうと
石動さんの霞みっぷりがたまりません。
 文庫版の解説も面白すぎて、
読者にヤオイ妄想勧めるのやめてくださいww
おいらはアン石でお願いします!
posted by メロディ戦士 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

黒い仏

4061821679黒い仏 (講談社ノベルス)
講談社 2001-01

by G-Tools

本日読了。
いや〜、殊能先生のキャラ描写の愛らしさがいかんなく発揮されていて、
名探偵石動さんがすっかり大好きになってきてしまった。
シリーズを逆流して読んでるっぽいんですが、
日曜日よりこっちのほうが石動さんとアントニオが活躍してていいっすね。
ていうか、ミステリを読んでいたはずがいつの間にか伝奇SFみたいになったりしてたんだぜ!?
アントニオの正体?とか、ニヤニヤがとまりませんな〜
なんだこの小説ww
9世紀の天台宗がどうのこうのとまじめに始まった割には
どちらかというとキャラ萌えで楽しかった漫画っぽい展開のお話でした。
漫画化しないかな、これ。
posted by メロディ戦士 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

最後のプルチネッラ

482917661X最後のプルチネッラ (Style‐F)
富士見書房 2008-04-03

by G-Tools

昨晩読了。
ジャンルのわからない本だけど、
道化たちの不思議な雰囲気にファンタジーということで。
小島先生の文章が相変わらず清潔で読みやすい。
転生を繰り返し、ゼロからすべてになるために
心がたどるべき道を誘導する素敵な構成もすてき。
重量感のある挿話がたくさんはいるあたりは
ヘルマフロディテと共通しているか。
雰囲気力はヘルマフロディテのほうが好みだったけど、
これは完全に好みの問題。ヘルマ〜が重かった(痛かった)人には
こっちのほうが読みやすそう。
わかりやすくもあるし。

あとからくりサーカス好きには、登場人物の名前だけで
ニヤニヤできました。
posted by メロディ戦士 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

告知来たよ!!!

現在休止中のさよなら情報についてです。


続きを読む
posted by メロディ戦士 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。